スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ…もう1週間たちおった

TGSから一週間立ってやっと(俺が)落ち着いてきました。
会場には行ってないですが、今年はすごかったですね。
先週の日曜は自宅でのんびりだったのですが、個人的にはTGSに参加してましたよ。
というのもセブンスドラゴンのライブポッドキャストを聞いていたのです。
わずか30分でしたがいやー内容が濃かった。
っていうかステージのすぐ裏に居るのに顔を出さない新納さんって…。
新納さんと宇田さん、二人ともくだけた感じで、実に楽しい30分でした。
今回も毒地獄はあるようで安心しました。

で、絵を何も描いていないので('A`)またゲーム動画を貼ってごまかそうかと思います。

・フラジール~さよなら月の廃墟~PV第三弾
TGS2008の会場で流されていた(らしい)PVですね。
映像のメニューから見ることができます。1クリックでちょちょっと見たい人はニコニコでも。

TGSでのプレイリポートでは戦闘のがっかり度合いがすごかったそうですが、
もう別にそんなのどうでもいいです。これは買うよ…買っちゃうよ。

しかしこれ、廃墟や荒廃した世界を舞台にした今までのゲームとは随分雰囲気が違いますね。
廃墟ゲーというと大概はサバイバルしたり「滅びに立ち向かう人類、もしくは個人」を物語に
組み込んでいる中、このゲームは「人類が滅んだ」ことを話の前提としています。
もう滅びはどうしようもないけれど、どう滅ぶのか、誰と滅ぶのか?
というような物語なんじゃないかなー。漫画版もそんな雰囲気だったし。
死というのは本当は美しく、尊いものだと思いますし、廃墟もある意味では死の形であって
その廃墟の持つ寂しさや儚さをそのまま世界観にあてはめたようなゲームなのではないかと
思います。そういう意味では本当の意味で廃墟探索RPGですよね。

発売前にゲーム語っちゃうとか、これでセトが世界を救って人類万々歳なら俺は笑いものですね。

次はまたセブンスドラゴンですよ

毎度ニコニコ動画で申し訳ないですね。プレイ動画です。
チビキャラが動いてます!かわええ!戦闘のテンポはこれから調整するそうですね。
とはいえAボタンおしっぱなら現段階でもかなりスピーディーなようですが。
後半の中ボス?戦の曲がたまらなく良いですね。古代さんは本当に芸の幅が広い方です。
イース2のOPを聞いたのは21世紀に入ってからだったんですが、すごかった…。

・今日のくまたんち
私のくまたんがくれた初めての感動。それはお別れイベントでプレイして二週間後でした。
そのイベントは切なくてでも元気が出て、こんなイベントを見せてもらえる私はきっと
特別な存在なのだろうと思いました。
今では私が飼育員。くまたんにあげるのはもちろん高級ステーキ。
何故なら彼女もまた、特別な存在だからです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かさいじ

Author:かさいじ
絵描いたりしてます

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。