スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)

今日は今ろくなものを作らないことで話題のハリウッドとMMVのニュース
愚痴は心の中にとどめておくものだよね。と思いつつ今回ばっかりはって気分だったので
以下追記に。どうせこんな辺境の地の文章なんて誰も読まんだろ。
・『ワンダと巨像』がハリウッドで映画化決定。壮大なファンタジー作品に…?

―――最後の一撃に全米が泣いた

もちろん本当に泣きたいのは我々ファンの方である。
もう存分にワンダを大自然の中駆け巡らせてください。
ワンダが魔法の一つ二つ使っても驚かない準備はできております。
モノがバタくさいキャストになるだけならまだしも、すっかりワンダの恋人扱いとして
物語が進む上最後はわけのわからないラブストーリーになることも覚悟済みです
最後は真の敵ドルミンが姿を現し、勝てないと思ったがそんなことはなかったぜ、
超ウルトラハッピーエンドだ!ということになってもまぁそうだろうなと納得もしましょう。

これでおもしろそうなトレーラーがきたらハリウッドに向かって土下座して
涎たらしながら映画のチケット買ってやんよ。
でもとりあえず今から喪服の準備はしておこうと思います。

・Wii「朧村正」プロデューサーインタビュー

リンクしといてなんだけど記事について特に触れることはない。
なんとかPortable(笑)を産んだ(正確には産み損ねた)MMVの新作朧村正のインタビュー
っていうか開発はヴァニラウェアである。
今回はヴァニラウェアにしては珍しく(というか初?)ゲーム部分がおもしろいということで
多分MMV側もかなりがんばってくれたのだろうがそれはそれ!これはこれ!である。
そもそもヴァニラウェアのサイトへのリンクがどこにもないってどういうことよ。
インタビュー記事はもちろん、公式サイトにも!
開発の記述があるだけマシだろうとでもいうのか。それとも新年のイラストが
毎回妙にエロいからリンクしたら後でえらいことになるとでも思ってるのだろうか?

MMVが開発に携わったゲームなんて買いたくないんですが
開発ヴァニラウェアということで買わざるを得ない状況に(予約してあるし)
負けたって感じですっげー悔しい。次はアトラスとか日本一ソフトウェアとか
あるいはセガとかでお願いします、本当に。

朧村正がどんなに良作あるいは神ゲーでも俺が評価するのはヴァニラウェアだけだ。
俺の大切な大切な大切なボクっ娘川背さんを汚したMMVに対して
俺が今後気を許すことは絶対にない。絶対にない!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かさいじ

Author:かさいじ
絵描いたりしてます

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。