スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はいはい

豚インフルエンザ日本上陸か…。
まだ「疑い」らしいが楽観的に考えるよりはマスク買うぐらいはしといた方がよさそうね。

・モンスターハンター3体験版適当に気がついたこと(一応ネタバレ注意

・大型モンスターの足による旋回時、歩行時のダメージ・怯みはない
・どの雑魚も無限湧きなし
・採掘・採取ポイントは見てわかるし、採取できるポイントではキャラの上にアイコン表示
・採取が限界数までいくとポイントのオブジェクトは消え、調べることはできない
 (無駄な採掘・採取はできず余計にピッケルを消費することはない)
・採取ポイントは毎回位置や数が微妙に変化する
・全ての採取はAボタンのみで行う。(もしくはヌンチャクを振る)
 ピッケルと虫網は所持してればアイテム選択をする必要はない
・エリア内の巨大な岩等、オブジェクトの中には一部破壊できる部分がある
 本来はモンスターの行動によって壊れるようだが、大樽爆弾でも壊せる
 ファミ通ではなんか期待させるようなことを書いてあった気がするけど
 今のところはただ壊せるだけ。崩れた岩が道をふさぐとかはない
・洞窟内は松明がないと結構怖い。新キャラギィギ(仮)は突然天井から降ってきて
 プレイヤーに噛み付いてくる恐ろしいモンスター。松明さえあれば怯えて近づいてはこない
・松明を持ってアイルーに近づくと踊ってくれる。可愛い。一緒に踊るとなお楽しい
・アイルーは音爆弾にも反応する。ただ嫌われるので注意
・ケルビだけは気絶状態でも剥ぎ取りができる。
 角などケルビを殺さない範囲での採取活動が行える。草食動物に優しいプレイ
 剥ぎ取りをされたケルビは当たり判定がなくなり、フェードアウトしつつ逃げていく
・だがアプトノスは殺さないと剥ぎ取れない
 親アプトノスを攻撃すると逃げるが、子どもを攻撃すると親に攻撃される
 それでも構わず子アプトノスを殺すと、半端じゃない罪悪感が味わえるorz
 攻撃すると鳴いて周囲に危険を知らせてから逃げるなど凝った行動をする
・中型以上の雑魚モンスターにも部位ごとのダメージがある
 部位ダメージのないのはジャギィやランゴスタ(ぽいの)、アイルーなど
・今回は片手剣や大剣でも気絶させるための攻撃モーションがある
 実用性があるかどうかは不明。特に大剣は要練習
・落とし穴の動作モーションは必見。今までの理屈ふっとばしな穴作成法が
 「あぁ…それならギリギリかろうじてなんとか理解できる」といった感じに(?)
・連続肉焼き機はZボタンを押しっぱなしで連続焼き。ハンター脅威の技術
・たとえ水中であっても投げナイフや石は地上と同じような軌道で
 物理法則を完全無視してすっとんでいく。ゲームだから仕方ないね
・おじぎやあいさつ等各アクションは当然水中でも使える
 水中の拍手モーションは素晴らしい。悪い意味で
・サメは気絶させられるが、モリでとどめを刺さなければ剥ぎ取れない
・大樽爆弾をプレイヤーが立て続けに二発食らうと大体死ねる。今までより強い?
・クルペッコはボスモンスターを呼ぶが、ドスジャギィを呼ぶと何故か
 ドスジャギィ対クルペッコになることが多い。ハンターは見てるだけでおk
・相手がこちらに気づいていようがいまいがこやし玉は効果あり。ペッコ戦では重宝する
・しゃがむと頭が浸かるような水場であっても、酸素ゲージは出現しない
 あくまでも泳げるエリアだけで出現
・クルペッコはスタミナが減ると水辺にやってくるが、水中のハンターには反応しない(らしい)
 もしかしたら陸上モンスターは水中からボウガンでフルボッコの予感
 ただモンスターが水辺にやってくる確率とか、スタミナ回復したらすぐエリア移動するとか
 結局待ってても意味がない気もする
・リモコンを振って武器出し・攻撃が行えるが、オプションでオフにできる
・オプションからカメラの上下角度のデフォルト設定を変更できる
 いつもクエスト開始後十字キー上を1回押してた人には朗報
・できればクエスト中もオプションから音量設定したかったが、無理のよう
・体験版で遊べるマップは多分孤島だが、石造りの街が水没したマップっぽい。どうでもいいが
・当たり判定がリアルになり、実質大幅に狭まったのに関わらずレイアは強い、怖い
・片手剣の抜刀中のアイテム使用は、PSPタイプの操作法ではワンテンポ遅くなる
 製品版で改善されていればいいが…
・敵の攻撃テンポが結構速いので、切れ味が落ちたら素直にエリア移動したほうがいい
・アプトノスを攻撃してエリア移動させても、移動先に行って狩ればいいだけ
 移動先でも即逃げるということはない。剥ぎ取り放題
・ジャギィノスは寝方がエロイ
スポンサーサイト

あーあーあー

ITmedia +D Games 日々是遊戯:
思わずよだれが……「朧村正」の食事シーンがスゴすぎると話題に
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0904/27/news101.html


ITmediaはいつも目の付け所が素晴らしいというか、ファンとしてはほんとありがたいです。
食事シーンの気合の入り方が異常な「朧村正」。別に食べるゲームじゃないんだけど。
ついでにいうと自分でも料理ができます。主に鍋料理を。
個人的にオススメなのはおにぎり。あの握って握ってパリッとした海苔をつけるところが!


Game*Spark
『LOST PLANET 2』6月のE3に合わせて体験版を配信。PCとPS3版の可能性も…
http://gs.inside-games.jp/news/186/18630.html

あと、GameTrailersにあった動画2点
http://www.gametrailers.com/player/48578.html
http://www.gametrailers.com/player/48575.html
ロスプラすげーなー。これ本当に360でできるんだろうか…。
gametrailersの一つ目の動画、1分08秒あたりがびっくりで
爆発にあわせて生い茂ってる草が一斉にぐわっと…観てるだけでもかなり楽しめそう。
映像がすごいかどうかと、買うかどうかは全然別なんですが、
これを観てると「モンスターハンターが360で出たら」とか少し思ったりして。

徹夜モンハンとかオワッテル

「明日」といったが…すまんありゃウソだった。
モンスターハンター3公式サイトの方に新武器スラッシュアックスが追加されましたね。
ええ。スラッシュアックスです。
リストラ武器たちのご冥福をお祈りいたします。

色々書こうかと思ったけど面倒なので某所に書いたものを改変しつつ転載します。

製品版は新規プレイヤーにほどやってほしい。散策するだけで2時間も潰してしまった
正しい情報でなく、思い込みで書いてる部分があるかもしれないんで先に謝っておきます。

・システムは今までと一緒。飲んで食って狩るという今までの基本は変わらない
 キャラの動作には違和感を覚えることはなかった、がクラコン推奨
 リモコン操作はAボタンと傾きの組み合わせで攻撃するため、
 慣れないうちは大げさに手首を動かすので疲れてしまう
 (ただ今はもう慣れちゃったんで自分はリモコンを使う予定)

・背景はほんの少し綺麗になった程度。太陽光が結構綺麗
 環境音は相変わらず良い出来、大自然に癒されたい人はクエスト無視で散策を推奨
 水面反射は流石Wii。水中も実に「らしい」ものになり、一つのエリアでも広く深い作り
 雑魚海竜は攻撃的でないので、一緒に海中遊泳したりして完全にクエスト放棄
 ただし容赦のない見えない壁は今作も健在。水中は特にわかりにくくこれが死因になりそう

・一番変わったのはモンスターのAI。これが多分一番の見所

 まず今回は雑魚も群れでエリア移動をする
 そして実際にプレイして驚いたが、雑魚は行動パターンが結構ある模様。以下に例を

 ・ドスジャギィ(雑魚の親玉)が同じエリアに居た場合のジャギィ(雑魚トカゲ)
 プレイヤーに対して積極的に攻撃し、かつ統率のとれた独特の動きをする
 (プレイヤーを囲うようにして戦う)
 ドスジャギィの鳴き声に応じて他エリアから応援にきたりすることもあり、
 その場合は1対10ぐらいになる(ただゲームバランスのおかげかストレスは溜まらず)

 ・クルペッコ(そんなに強くない)の場合
 便乗してジャギィも襲ってくることもあれば、何もせず遠目に見てるだけだったり
 その場合大型モンスターが死んだり、居なくなると急に襲ってきたりする
 気が付かないうちに雑魚は逃げていて、ボスが去ると戻ってくることなんてこともあった

 ・レイア(強い怖い)の場合
 クルペッコと同様に遠めに見てるだけだったり、逃げたりする
 おもしろかったのはプレイヤーそっちのけでレイアを攻撃することがあった

 雑魚モンスターに手を出さないことで、ボスモンスターとうまく対立させることもできるっぽい

・AIの他にもモーションがかなりリアルで、敵が立ち止まることはあっても、
 動き自体が機械的だったり途切れたりすることはほとんどなかった。
 何より当たり判定がかなり改善されたので、それが嬉しい
 今回はオンライン上で雑魚の動きも同期するようなので期待大

・モンスターの吹っ飛び方が今までのフワッとしたものから重力を感じさせるものに
 また爆弾が引火すれば即爆発するようになったり、落とし穴は設置が完了すれば即効果発現
 そしてプレイヤーの受身の存在によって全体のテンポがグッと良いものになった
 (尻尾アタック程度ならキャラクターは吹っ飛ばされてもすぐに体勢を立て直してくれる)

・水中では操作方法が変わり、酸素ゲージが現れる
 水中ではスティックの前後で、画面の奥と手前に移動する方式
 カメラが下を向いていれば、スティックを前に倒して潜っていくといった感じ
 ダッシュや回避もちゃんと用意されていて、結構快適に移動できる
 酸素は7分と長持ち。ただし息が切れると1分であの世逝き。新たなダメージマップといったところ

そんな感じでした。
正直これの後にGをやると精神的に辛いです。
などといいつつもうHRがえらいこっちゃヨイヨイ。

発売しましたね

朧村正の熱がまだ冷め切っていませんが、WiiでモンスターハンターGが発売してしまいました。
しかしこれ、モンスターハンター3の体験版で釣ろうってのがみえみえ。
しかもMH2やMHP2が出ているのにも関わらず、3の武器数の関係で今頃Gとか…。
もしGのベタ移植だったらゲームバランス悪いだろうし、カメラワークも改善前ってことに。
何よりモンスターハンターGといえば、片手剣氷河期の真っ只中!
モンスターも武器も数少ないし、手抜きもいいとこ。
誰が得するんだって感じだね!誰もかわねーよこんなの!

体験版が予想以上の出来の良さだった
そう思っていた時期が、私にもありました。
正直3の体験版だけで元は取りました。明日にでも感想ぐらいは書こうかな。

ジャッキーが言うのは問題だが言いたいことはすごくわかる

ヤムチャ

そうか、裁判員制度もうすぐ始まるのか。
個人的には、結局皆何も言わないし裁判官が決めちゃうし
たまに問題起こるしでダメだこりゃで頓挫するかなと思ってるのですが。
裁判員として参加した結果報告をブログとかmixiでするとかな!

負けた

朧村正がめちゃくちゃおもしろい。これは…MMV側の活躍なのか…?
ただ今回はドラマパートよりアクションパートが明らかに力が入ってるので
どっちを調整するかってのを気をつけただけのような気もするけれど。
まぁなんか先日も色々言った気がするけれど、予想外におもしろいです。
オープニングにでかでかとスタッフの名前が出てきたり
データロード時にヴァニラウェアのロゴが出るのもいつものヴァニラ節(?)で良い良い。
今回は和風のロゴでした。

ゲーム内容自体は、アクションという名のボタン連打ゲー。
と思ったら適当にプレイしてるだけだとバンバン死ぬ(難易度は修羅)
とはいえ難しいかというとそれほどでも無く、修羅でも人によってはヌルゲー扱いだと思う。
良く言えばストレスは溜まらないということか。。
不満点はドラマパートでキャラがほとんど動かないこと。
それから敵キャラのバリエーションがそんなにないことか。
それでもオーディンスフィアに比べるとバリエーションあるし、
雑魚敵でもある程度注意して倒さないとならないので作業感はなし。
敵の行動にメリハリがきちんとあるので、こちらの操作がいい加減になることもない。
ドラマ部分も動くところでは動くと期待しておきたい。

ステージ間のロードは全く無く、処理落ちも今のところ無し
それでいて2Dとは思えぬグラフィックの美しさ。特に伊賀の城内では
大胆な3Dとの融合が見られた(あれ3Dだよね?確信は持てないのだけれど)
元々ポリゴンに高解像度の絵を貼り付けて動かす。とかって方式だったはずなんで
今更2Dだ3Dだいうのはちょっとおかしい気もするけど。
オーディンスフィアをプレイした人でもグラフィックの異常(というか病的)な向上っぷりに
びびること間違いなし。高さのあるステージもちゃんと用意されていて好印象。

CEROはB(12歳以上推奨)
12歳以上なら温泉で女体を拝んでもOKということですね、わかります。
というか他に推奨年齢があがりそうな要素が見つからない。
雷神か。雷神のせいなのか。

('A`)

今日は今ろくなものを作らないことで話題のハリウッドとMMVのニュース
愚痴は心の中にとどめておくものだよね。と思いつつ今回ばっかりはって気分だったので
以下追記に。どうせこんな辺境の地の文章なんて誰も読まんだろ。

続きを読む

うわ

ずっとイエローミュージックオーケストラかと思ってた。やっべ~…。
俺この名称で誰かにしゃべったことあったっけな…ううううう
東風とか好きなのに、なんでこんなことに…。

嘘ついていい日

嘘ついてもいい日って言われても普段全く嘘をつかないので困りますね。

もちろん上の文に嘘はありません。

・エイプリルフールネタ
自発的にチェックすることはほとんどないのですが
それでも最低限見に行ったところをここに(書いておいてもすぐ見られなくなるけど)

帰ってきたカネゴンの78ちゃんねるまとめブログ
円谷プロの2ちゃんねらー率が心配になってくる恒例のネタ。
どっかのブログ捏造テレビ局とは(いい意味でも悪い意味でも)格が違う。
完成度の高さのせいか、アクセス数がかなりのようで繋がりにくいですね。
以下あまりにも爆笑してしまったので、長々と語ります

続きを読む

プロフィール

かさいじ

Author:かさいじ
絵描いたりしてます

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。