スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOI

最近買ったもの
・比較文化論の試み
・無常の見方
・DTB漆黒の花
・乙嫁語り
・神のみぞ知るセカイ
・化物語(アニメ)1~3巻
・wiifit+
・wiiスポーツリゾート

感想とか、書いていく…か。改めて書こうと思うとなんだかなー
スポンサーサイト

大地の汽笛感想文

ゼルダの伝説 大地の汽笛の感想文

いやぁ本当におもしろかった・・・。風タクトワプリ色々あったが
外伝ながらようやく新たなゼルダを見られた気がした。
サブイベント埋めようとすると移動がちょっとだるくなってくるんだけど
それでも自分にはシリーズ最高傑作だと思える。
以下某所に貼ったものの転載

謎解きと戦闘が一体になったアクションアドベンチャー
話の流れは1つの大きなダンジョンを攻略するため、各地のダンジョンへ向かうという形

前作通りタッチペン操作は快適。謎解きの難易度はまぁまぁ。夢砂よりは難しいか
難しいというより楽しい!終始目新しい謎解きが多くシリーズのファンならより驚きに満ちたゲームプレイになる

個人的にはアクション面の難易度が良くも悪くも高いかなと。結構シビアな場面も多い
アクション苦手な人は回復アイテムの常備とか、列車の強化はきちんとした方がいい
より戦闘を楽しみたい人には(本当に)ハードな遊び要素もあり

例によって世界の危機を救う話ではあるのだけれど、明るくテンポの良い物語展開
パワフルなお姫様と、ゆるゆる機関士のコンビが列車で旅する冒険ファンタジー
新たな町への移動は楽しく、ワクワクさせてくれる

そしてゼルダ姫が可愛い。超可愛い
品が良いようで武闘派、優しいようで自己中心的な猪突猛進型。そんな可愛いお姫様
新たな町に着くと姫様から一言感想をいただけますが、結構容赦ない。特に田舎町については・・・
ゼルダは会話デモはもちろん冒険中もたくさん喋る。恐らく歴代の相棒キャラで一番喋るんじゃないかと

列車での移動は音楽やグラフィックのおかげでストレスは溜まらず。後々ワープもできるように
ただの移動手段ではなく、資材や客を運んだりと各登場人物とも深く関わっていく
走行中のBGMは1ループが長く飽きがこない。他にはボス戦や笛での各演奏シーンが好き
楽曲は既存のゼルダシリーズのどれとも違う独特の雰囲気を持つ
本作で一番力の入ってる部分じゃないかと。本当に素晴らしい

嬉しいことに本作は後半に進むほど物語もゲームもおもしろくなっていく
背景設定では風タク、夢砂との繋がりはあるが気にしなくてOK
ファンはもちろん、ゼル伝を遠ざけていた人も是非
冒険ファンタジーでボーイミーツガール、お姫様と二人旅だよ!
という謳い文句に興味が湧いたらその時点で買って損なし

テーマ : ゼルダの伝説シリーズ
ジャンル : ゲーム

まりりん
あー今日中に色を塗り終わる自信がない。ちょっと休憩
ここまで描いておいてなんだけど、霖之助の目の位置がどうもおかしい。
ああ面倒だ・・・イケリン描くよとか意気込んでたのに結果がこれだよ!
マジで申し訳ない・・・許せ!

よつばと9巻購入。
いわゆる癒し系?オチ無し系のマンガであるよつばとだけど
ここ2,3巻はギャグも冴えてておもしろい。
あといつも純粋な気持ちでよつばとを読んでいる自分にしては珍しく
小岩井さん良い目みすぎだろと思ってしまった。

純粋とかいってごめん。普段から不純な目で見てます。

ぱにぽに13巻も購入。初回限定特装版で。
相変わらずわけのわからない話に加えて
今回は12巻からのわけのわからないあらすじから始まるのでもう何がなんだか。
でもクスクス笑いながらずっと読んでた。うん・・・好きなんだ・・・ぱにぽに。
自分はどうもオブジイヤーに弱いらしい。アニメ版の6号さんを見てゲラゲラ笑ってたからだろうか。
あと、13巻目にしてようやく姫子がちょっと可愛く思えてきた。

だれだおまえは!
いかん、すごくおもしろいぞ絵心教室

シリアナ

シリタイツ
尻が描きたかった。
尻はともかく顔が酷いな・・・とはいえこれはかなりがんばった方なんだけど。
変な髪の毛は結構気に入ってる。うん・・・好きなんだ、羊耳。
描いていて思ったのだけれど、一人だけポツンと絵になってると寂しい。
今度から二人は描こう・・・。
プロフィール

かさいじ

Author:かさいじ
絵描いたりしてます

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。